UGGオーストラリア製ってどうなの?

ugg

 

UGGオーストラリア製ってどうなの?
日本でも人気の高いUGGブーツですが、UGGオーストラリア製のブーツとUGG Australiaの違いを知っていますか?

今回はUGGオーストラリア製ブーツについてまとめました。

 

UGGオーストラリア製ブーツの始まりは??

 

日本は寒さがまだまだ厳しい季節ですね。

ポカポカ春までもう少し♪ 冬は冬なりのおしゃれをもう少し楽しんでくださいね。^^

日本でも人気の高いUGGブーツですが、有名人などが履いて一躍知名度アップしたのが

「UGG Australia」というブランドのブーツです。

’’Australia’’と付いてるぐらいですから「もちろんオーストラリア製でしょ??」と思っている方も多いと思いますが、実はオーストラリアで売られているUGGブーツとは別物だったんですね。

 

さて、UGGオーストラリア製ブーツの始まりですが、オーストラリアで羊毛刈りをしていた人たちの間で誕生しました。

羊の毛皮で足を包むようにできたブーツがUgly(不格好)に見えたことから’’UGGブーツ’’と呼ばれるようになったそうです。今ではUglyではなく、おしゃれブーツになってますよね。^^

その後、オーストラリアのサーファーたちが愛用するようになり、創設者であるオージーサーファーのブライアン・スミスがシープスキンブーツをアメリカへ持ち込み、UGG Australia社を立ち上げます。

UGG Australiaのシープスキンブーツがカリフォルニアのサーファーやハリウッドセレブにも人気が出ますが、のちにブライアンはアメリカデッカーズ社に売却します。

’’UGG Australia’’はデッカーズ社のブランド名として商標登録されたので、オーストラリアではかなり反発もあったそうですよ。

 

UGGオーストラリア製ブーツってどうなの?

 

オーストラリアでは、シープスキンブーツの総称を’’UGGブーツ’’と呼んでいます。オーストラリアにはUGGブーツをつくる会社が40社以上ありデザインや品質、製造も様々です。

デッカーズ社のものではないのに’’UGG Australia”というブランド名を使って作られたブーツは偽物ですのでもちろん注意が必要ですよ!!

 

じゃあ、UGGオーストラリア製ブーツってどうなの??

 

みなさんもご存じのとおり、オーストラリアは羊ちゃんたちがた~くさんいますよね。(人口よりも多いとか)羊毛の品質も良く、製造会社もたくさんあるのでお気に入りのブーツを見つけられると思います。^^

100%オーストラリア製のブーツであることを確認するには、こちらのマークを参考にするといいです。

australian made

 

ugg made in au

必ずオーストラリアで製造されたというタグやマークがあります。

ちなみにデッカーズ社は、人気が出てから大量生産するため主な製造拠点を中国に移しています。(一部ベトナムやニュージーランド生産もあるようです。)

日本のファッションブランドでも大量生産するために他国で生産することはよくあることなので、それ自体否定はしませんが名前に’’UGG Australia”とあるのでオーストラリア製だと思ってしまいますよね。ややこしいですが私も実際そう思っていました。

ugg

オーストラリア製UGGブーツの中でも品質のばらつきはあります。使われている羊毛によってはスカスカで硬くゴワゴワしているブーツもありますので、実際に見て、触って選ぶのをおすすめします^^

羊毛の中でも最高級のメリノウールという素材は、柔らかい肌触りで保温性と通気性に優れているのが特徴です。ですから、オーストラリアではこのUGGブーツを素足で履く人が多いようです。

素足で履いたときに感じるフワフワ感がとっても気持ちいいのでぜひ試してみてくださいね♪

 

オーストラリアには品質・履き心地が良いUGGブーツがたくさんあります。”UGG Australia”だけが本物でそれ以外は偽物だと決めつけてしまうのは安易のような気がします。

どちらのブーツを選ぶにしても品質を確かめ、ご自身が納得できるブーツを購入することをオススメします♪

 

参考になりましたら、ぜひクリックをお願いします♪>>> にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ  にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ