バイオオイルとバイオイル本物はどっち?

biooil

 

Bio-oil(バイオオイル)とBioil(バイオイル)

同じようなパッケージのスキンオイルだけど、『o』が1つ多い?

ネット検索すると本物?偽物?かと疑う情報が結構出てきます。

 

Bio-oil(バイオオイル)とBioil(バイオイル)本物はどっち?

 

Bio-oil(バイオオイル)とBioil(バイオイル)本物はどっち?

 

Bio-oilはイギリスや豪州、NZなどの薬局で売られているロングセラー

人気のスキンケアオイルです。

虫さされ、傷跡、ストレッチマーク、エイジング、乾燥などに効果があり、

ピュアセリンオイルが、植物由来のエモリエント成分やビタミンなど有用成分を

包み込んで肌角質層の深部まで浸透させてくれます。

 

なんと17カ国で商品売上NO1を獲得している実力派スキンケア

世界中でヒットし、その軽い使い心地と効果からファンが多いんですよ。

 

ラベンダーオイルやローズマリーオイルなど4種類の植物由来の有用成分と

ビタミンA、Eが肌の奥まで浸透して保湿してくれます。

 

日本でも美容ブロガーさんや多くの雑誌などで紹介されている人気の美容オイルです。

 

元々は海外で販売されていたBio-oil

『Bio-oilは偽物だ』と思ってるかたもいますが、

海外での商品名がBio-oilで日本での商品名(代理店正規名)がBioilで名前が違うということなんです。

日本では『Bio』という商標名が使えなかったということなんでしょうか。

また、成分表記が若干違うのは、Bioilが日本向けに製造され、

輸入代理店が成分の再分析をし、検査結果の表記が異なるためであって

Bio-oilが偽物というわけではないんです。

 

Bio-oilは世界中で実績のある人気の商品ですので、

偽物を買ってしまった!!なんて後悔する必要はないですよ。

ただ、購入する際にはご自身で確かめ、BioilでもBiooilでも納得するものを買ってくださいね。

お店によっては、Bioilと表記してあってもBiooilが送られてくるということも

あるみたいですので、そこは注意したほうが良さそうです。

 

Bio-oil(バイオオイル)を使ってみた感想

 

私が使ったのは、海外で販売されているBio-oilです。

Bio-oilは評価もなかなかいいですし、ずっと試してみたいオイルでした。

私は顔に使用するというよりは、体の保湿、傷跡・肉割れケアに使っています。

入浴、シャワー後に体全体にマッサージをしながらオイルを塗ります。

 

Bio-oilはつけ心地が軽く、塗ったあともべたつきが気になりません。

しっとりモチモチになる肌触りよりもサラサラとした肌触りなので

モッチリ潤いを感じたい方はちょっと物足りないかもしれません。

 

ほんのりピンク?オレンジ?で人工的な色はちょっと残念な感じですが、

海外のものだからこんなものかなと思ってます。

 

使用して1カ月ぐらい経ちますが、傷跡と肉割れはまだ実感できるほど

薄くなっている様子はありません。やはり継続して使い続けることと、

今は1日1回だけですが朝・晩で使うともう少し効果が

見えてくるのかもしれませんね。

 

1回に使う量が少量で済むので、長期間試してみるにもコスパは良いと思います。

私が現在使っているのは60mlの小さいものですが

1カ月十分もつ量です。

 

使っているうちにボトルがぬるぬるしてくるのがちょっと残念な点ですが、

使い心地は好きなので、もう少し継続して使ってみたいと思います。^^

 

 

参考になりましたら、ぜひクリックをお願いします♪>>> にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ  にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ